株式会社YOKOITO

YOKOITO journal

ford-adopts-carbon3d-clip-3d-printing-technology-for-prototyping-4

News2016年4月8日

Carbon M1 3Dプリンター。5種類のエンジニアリングレベルの素材も登場

http://i-maker.jp/carbon-m1-3d-printer-9115.html#M1_3D

以前からCarbon社の3Dプリンターは有名でしたが、ついに製品と価格が出揃いました。

ここで書かれている通り造形速度で注目されていますが、やはり重要なのはそこよりもそもそも積層をしていないので射出成形と同じような特性が得られるというところです。

3Dプリンターには色々な素材を扱うために様々な方式が存在しますが、どれも積層をしているという点では変わりません。それがこのCarbonM13Dプリンターだと積層をそもそもしていないので3Dプリンターで造形した物特有の弱さが出ないというものです。

積層という手段を使っている時点でどんなに積層を細かくしても射出成形のような積層していないものと同じ特性にはならないとされていたのですが、それを覆したのは本当に革命的なことだと思います。