デジタルファブリケーションで もの の可能性を広げる

近年のコンピューターを始めとした情報化技術の発展はあらゆる分野に産業革命を凌ぐほどの劇的な変化をもたらしています。

ものづくりの世界にその影響はデジタルファブリケーションという形で現れ始めました。

 

今までもデジタルデータを使ったものづくりは、NCと呼ばれるコンピューター制御による大規模な製造技術として存在していました。しかしながらそのためには工作機械・3Dソフトウェアを含め大規模な設備が必要であり、それらは専門家が扱うものでした。それがここ数年、個人でも習得可能なレベルの知識で扱うことができる工作

機械・3Dソフトウェアが登場、更に機械自体もオフィスのデスクの上におけるほど小型化されました。3Dプリンター、レーザーカッターを筆頭としたあらゆる機材が小型化され個人で扱えるようになり、それら専門家でなくとも扱える工作機械や3Dソフトウェアは総称してデジタルファブリケーションツールと呼ばれています。

 

私たちは創業時よりデジタルファブリケーション専門の会社としてあらゆるデジタルファブリケーションツールの運用、デジタルファブリケーション工房・コミュニティーの運営を通して可能性を研究し、利用用途を開発。様々なものづくりの現場へ工程開発と共に技術を提供して来ました。これからも私たちはデジタルファブリケーションを通して、ものの可能性を広げていきます。

 

デジタルファブリケーションについて(弊社運営メディア解説記事へジャンプします)

〒600-8841 京都府京都市下京区朱雀正会町1-1 KYOCA 210

050-3754-1803

yokoito.inc@yokoito.co.jp

COPYRIGHT © 2014- YOKOITO CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.